Pro Yearly is on sale from $80 to $50! »

ふりかえりをいい感じにやるために

1d1580fb0945b0ffadff18e28bead3c5?s=47 いも
March 12, 2019

 ふりかえりをいい感じにやるために

社内LTのやつです

1d1580fb0945b0ffadff18e28bead3c5?s=128

いも

March 12, 2019
Tweet

Transcript

  1. ふりかえりをいい感じにやるために imo Jikai Lightning Talks #13 2019/03/12

  2. はなすこと ふりかえりを続けていく上で発生しがちなトラブルを、 解決するた めの最低限の心構えとか方法とか ふりかえり慣れてない人向け 自身の経験からの話が多いです Jikai Lightning Talks #13

    2019/03/12
  3. なぜふりかえりをやるのか 立ち止まって考えるため チー ムを成長させるため プロセスを改善するため Jikai Lightning Talks #13 2019/03/12

  4. Keep の大変さ 単発のよかったことしか出てこない ◦◦ の実装がいい感じにできたetc... 継続的にやっていけそうなことが上がらず、「 よかったね!」 で終わっ てしまう・・。 自分のこと書くのがちょっと恥ずかしい

    自分を褒めるって難しいよね Jikai Lightning Talks #13 2019/03/12
  5. Good to Keep を考える 実装がいい感じにできたことはよかったこと(Good) ではなぜそれがいい感じにできたのか、 後ろにあるものを掘り下げるこ とで継続すべきこと(Keep) になる。 なのでGood

    なものこそ積極的に出せるような空気を心がけていく 実装がうまくできた! => なぜうまくできたのか? Dとの認識の齟齬もなく実装できたから => どうやったの? 朝夕に顔合わせて話すようにした -> めっちゃいいやん、Keep で! Jikai Lightning Talks #13 2019/03/12
  6. 他人のGood を積極的に書く ◦◦ さんの進め方がよかった、 このアクションがよかったなど 積極的に他人を褒めていくことで認め合う( 他己承認) 繰り返せば他人を褒めあう正のルー プが発生するのでモチベー ショ

    ンが上がる。 褒めたところから背景を掘り下げてKeep を生み出していく。 個々 人が 持つノウハウをチー ムに還元していくことが理想的なGood to Keep に なる。 これを実現するためには、 チー ムメンバー がそれぞれの動きを見れる状 態でなければならない。 Jikai Lightning Talks #13 2019/03/12
  7. Problem の大変さ 特定の人、 職種への批判となりそうなP が出る 自分のここが良くなかったと懺悔タイムとなる いっぱい出てきて気が滅入る( 大量に出るのは悪いことではない) Problem =

    悪いことという空気になってしまいがちなので、 慣れるまで 反省会みたいになってしまう。 Jikai Lightning Talks #13 2019/03/12
  8. それはProblem なのか考える 「 調べながらやってて実装が間に合わなかった」 はProblem なのか 個人の能力に起因するものをチー ムのP とするのは危うい 人の否定に近いので、

    反省会となる一因 人間はすぐには変えられない 背景にあるチー ムのシステムを考える 調査と実装が一つのタスクになっていなかった? 調べてわからないことを確認する場があったか? 意識的に要因を人間から切り離していく Jikai Lightning Talks #13 2019/03/12
  9. Try の大変さ Try 出すけど実行できない 「 できたらやる」 になりがち ゴー ルが見えなかったり 自分たちでできることなのか?

    決裁権限が必要とか・・ そもそも数が多すぎて捌けない Jikai Lightning Talks #13 2019/03/12
  10. Try を必ずやるために 実行可能な状態にする やるぞ! となった時に行うべきアクションが見えている どうなったら完了なのかゴー ルが明確になっている 優先順位を明確に決める Try はできれば最優先が望ましい(

    絶対ではない) つまりタスクリストに入れる必要がある Try でタスクが生まれて、 それを行うということがチー ム全体or タス ク決める人に伝わらないと難しい Jikai Lightning Talks #13 2019/03/12
  11. Try を必ずやるために 全てのProblem にTry を出さない やらなければならないクリティカルなものに絞り込む 数よりも確実にこなすこと そのためにはProblem の深掘りが必要 権限を明確にする

    会社的に自分たちにできることなのかを考える できる人に事情を話して空気感を共有するのもれっきとしたTry Jikai Lightning Talks #13 2019/03/12
  12. ファシリテー タとして 全員が話せるように立ち回る 付箋を見て「 これどういうことです?」 と本人にパスすると楽 答えは出さない できるだけ当事者じゃない人の方がよい コンテキストを知らないからこそ突っ込める ボー

    ドを見るときはみんなを集める 物理的な距離が遠いほど発言しにくい Jikai Lightning Talks #13 2019/03/12
  13. ふりかえり時間は大きく取りましょう 時間が足りないとTry が削られがち 最悪Try 出せずとかある 想定の1.5 倍くらい取ると体感いい感じ 10 人でだいたい90 分取ってた

    Try が出せないことは改善の機会を失うので、 何が何でも避けるぞ! と いう気持ちで動くと楽 Jikai Lightning Talks #13 2019/03/12
  14. ふりかえりのふりかえりしましょう メタふりかえり ふりかえりそのものに対してKPT を出していく 普段のふりかえり参加者でやれるとよい ふりかえりもチー ムと共にアップデー トしていかなければならない。 ファシリテー ター

    の属人性、 負荷の分散にもなるのでだいぶ気が楽。 Jikai Lightning Talks #13 2019/03/12
  15. 最後に ふりかえりは継続的な改善を行うための取り組みであり、 特定の開発手 法に依存するものではない。 ウォー ター フォー ルであってもアジャイルであっても関係なく行える取 り組みなので、 チー

    ムとして長期的に動いていくのであれば積極的にや っていきましょう! Jikai Lightning Talks #13 2019/03/12
  16. おわり Jikai Lightning Talks #13 2019/03/12