Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

キャリコンブリーフセラピー研修「ミラクルクエスチョン」

PPi, LLC
September 03, 2021

 キャリコンブリーフセラピー研修「ミラクルクエスチョン」

2021年に実施する「ビリーフセラピーでキャリコンの支援力アップ(基礎編)」の資料
第4回 ミラクルクエスチョン
YouTube: https://youtu.be/WYfxZNFCj9A

PPi, LLC

September 03, 2021
Tweet

More Decks by PPi, LLC

Other Decks in Business

Transcript

  1. ブリーフセラピーで キャリコンの支援力アップ! (基礎編) 第4回 ミラクルクエスチョン 講師 元木 敬太 合同会社実践サイコロジー研究所 代表

    医学博士、キャリアコンサルタント、公認心理師 [email protected]
  2. 2 Practical Psychology Institute, LLC ® 2021 [email protected] 全7回の基礎コース 7月24日(土)

    MRI(悪循環)モデル 悪循環モデルの紹介と コミュニケーションの拘束 8月7日(土) 解決志向モデル 解決志向アプローチの概要と 核となるポイント 8月21日(土) 歴史と基礎理論 (システム論と社会構成主義) ブリーフセラピーの歴史と、システム論、 社会構成主義の考え方の解説 9月4日(土) ミラクルクエスチョン ミラクルクエッションの効果機序とコツ 9月18日(土) 逆説的介入 逆説的介入の効果機序とコツ 10月2日(土) リフレーミング リフレーミングの解説とコツ 10月16日(土) 実践応用 ブリーフセラピーの実事例への応用
  3. 3 Practical Psychology Institute, LLC ® 2021 [email protected] 自己紹介 元木敬太

    • 合同会社実践サイコロジー研究所・代表 • 修士(心理学)・博士(医学) • キャリアコンサルタント、公認心理師、臨床心理士 • 2010年より心理職として心理カウンセリングの実践を行っており、 2017年にキャリアコンサルタントを取得。学校や産業領域で、 メンタルヘルス、コーチング、キャリア開発に関連した実践と研究を行っている。 • 共著書・訳書: コーチング心理学概論(ナカニシヤ出版) ポジティブ心理学コーチングの実践(金剛出版)
  4. 4 Practical Psychology Institute, LLC ® 2021 [email protected] 本日の内容 1.

    解決志向の第2(第1)セッション with ミラクル 2. ミラクルクエスチョン 3. ミラクルの話の最中 4. ミラクルクエスチョンの後 5. ミラクルクエスチョンのコツ 6. 演習:ミラクルを使ってみる
  5. 5 Practical Psychology Institute, LLC ® 2021 [email protected] 解決志向の第2セッション 1.

    前回から今回までの間、どんないい変化がありましたか? すごく良い→良かったです。ただ、うまくいきすぎ。場合によっては揺れ戻しがある。ショックを受けないで 良い変化はない、問題の話が多い→まずは、受容的・共感的に聞く →そんな大変な中、何とかやってこれたのはどうして?(コーピングクエスチョン) 毎回質問することで、良い変化の情報を集めてきてくれる 課題の話も効果を実感していればここで出る。出なければ、「あまりうまくいかなかったですか?」と確認 する→ノーマライズと利用(申し訳ない。話しにくいことを伝えてくれてありがとう) 2. 目標が達成された状態を10点として、現在は何点? 3. ポジティブなフィードバック(ねぎらい、賞賛、尊敬、驚き、励まし…) 4. 課題の提案とその根拠の説明(Do more 課題と Do different 課題)
  6. 6 Practical Psychology Institute, LLC ® 2021 [email protected] 解決志向の第2セッション with

    ミラクル 1. 前回から今回までの間、どんないい変化がありましたか? すごく良い→良かったです。ただ、うまくいきすぎ。場合によっては揺れ戻しがある。ショックを受けないで 良い変化はない、問題の話が多い→まずは、受容的・共感的に聞く →そんな大変な中、何とかやってこれたのはどうして?(コーピングクエスチョン) 毎回質問することで、良い変化の情報を集めてきてくれる 課題の話も効果を実感していればここで出る。出なければ、「あまりうまくいかなかったですか?」と確認 する→ノーマライズと利用(申し訳ない。話しにくいことを伝えてくれてありがとう) 2. 目標が達成された状態を10点として、現在は何点? 2. ミラクルクエスチョン 3. ポジティブなフィードバック(ねぎらい、賞賛、尊敬、驚き、励まし…) 4. 課題の提案とその根拠の説明(Do more 課題と Do different 課題) (30分程度)
  7. 7 Practical Psychology Institute, LLC ® 2021 [email protected] 解決志向の第1セッション 1.

    概要(年齢、性別、登場人物等)と主訴を聞く 2. どうなったらいいか?(いつ、どこで、誰が、何を、どうする)、それが実現したらどういい? 3. 2に向けて今日は何について話し合うといいか? 4. これまでの経過を聞く(簡単に) 5. 少しでもうまくいっていることは?問題が多少ましなことは?他には? 6. 活用できそうな資源は? 7. 目標が達成された状態を10点として、現在は何点? 8. ポジティブなフィードバック(ねぎらい、賞賛、尊敬、驚き、励まし…) 9. 課題の提案とその根拠の説明(Do more 課題と Do different 課題)
  8. 8 Practical Psychology Institute, LLC ® 2021 [email protected] 解決志向の第1セッション with

    ミラクル 1. 概要(年齢、性別、登場人物等)と主訴を聞く 2. どうなったらいいか?(いつ、どこで、誰が、何を、どうする)、それが実現したらどういい? 3. 2に向けて今日は何について話し合うといいか? 4. これまでの経過を聞く(簡単に) 5. 少しでもうまくいっていることは?問題が多少ましなことは?他には? 6. 活用できそうな資源は? 6. ミラクルクエスチョン(30分程度) 7. 目標が達成された状態を10点として、現在は何点? 8. ポジティブなフィードバック(ねぎらい、賞賛、尊敬、驚き、励まし…) 9. 課題の提案とその根拠の説明(Do more 課題と Do different 課題) やってもいいが 時間的に厳しい
  9. 9 Practical Psychology Institute, LLC ® 2021 [email protected] ミラクルクエスチョン 簡単なやり取り:今日家に帰ったらいつも通りすごしますよね?何時ごろ寝ますか?

    こういうことを考えてもらいたいと思います。 今夜奇跡が起きます。奇跡というのは、夜眠りについた後に、天使がやってきて、「あなたは これまでよく頑張ってきましたね」と、キラキラ輝く奇跡の粉をあなたにふりかけます。そうす ると、今日ここに相談に来た困りごとがすべて解決してしまいます。翌朝、あなたはまだ奇跡 が起きたことに気づいていません。 そこで質問です。あなたは、いつ、どんなところから、奇跡が起こったことに気づくでしょう? それはその日かもしれないし、数日たった後かもしれません。 奇跡を実感した日は、どんな一日になりそうですか?朝から夜寝るまでの様子を聞かせて ください。
  10. 10 Practical Psychology Institute, LLC ® 2021 [email protected] ミラクルの話の最中 •

    時系列に沿って、奇跡の一日がどのように普段と違うか確認してく 何時ぐらいに起きますか?そのあと何をしますか?周りの人は、どんな所から奇跡が 起きたことに気づくでしょう?そのことに気づいて、その人はあなたに何と言う? • 気づくのが遅い時間だったら、気づいた場面の話を聞いた後に、一旦朝まで戻って、何か 変化がないか確認していく • 適宜、他者との関係性の変化、他者がどのように奇跡に気づくかなど確認する • ミラクルの話と現実の話を区別し、現実の話に行ったら、ミラクルに戻す そうですか。今は~だけど、奇跡が起きたら~なんですね。奇跡の一日では他に…? 今は~でも困っているんですね。奇跡の一日だとどうですか? • どんな風に眠りにつきますか?普段と違う所はありますか?などで終わるとよい
  11. 11 Practical Psychology Institute, LLC ® 2021 [email protected] ミラクルクエスチョンの後 •

    話してみてどうでしたか? • 今でもできていること、普段と奇跡の一日で変わらないことは、何かありましたか? ちょっ とでも? 本人から出なかったら、面接者が指摘、質問する (・ 奇跡の一日を100点満点として、今は何点ですか?それはどうして?1点上がると?) ミラクルは、クライアントにとっての「現実」を変えるのが目的 現在の認識の枠組みからいったん飛ばす(ミラクルの話の最中) 次に、今とのつながりを確認し、実感を持たせ、日常生活でも維持させる
  12. 12 Practical Psychology Institute, LLC ® 2021 [email protected] ミラクルクエスチョンのコツ •

    いつミラクルを起こすか(平日?休日?将来の特定の日?)。迷ったら今夜 • ミラクルクエスチョンの後の展開を意識して、使えそうな情報を、ミラクルの話の中で収集 普段と同じところはどこか(起床時間、すごし方、活動内容、就寝時間、食事等) 関係性の変化、他者から見た変化(行動面に表れる変化) • 何があってもノーマライズと利用 よくわかりません→そうですよね。皆さんそうです。ゆっくり考えてみてください。 落ち込みます→そうですよね。そういう方も結構います。ただ、多くの場合は、だんだんと、今できているこ とにも気づいて、奇跡と現在のつながりを感じられるようになります。 • エリクソン催眠を意識してみる(例:質問ー応答、 Yesセット、ゆっくり話す) • 「ちょっと変な質問をします。大事なことなのでよく考えてください」と事前に伝えることも
  13. 13 Practical Psychology Institute, LLC ® 2021 [email protected] ミラクルと相性のいい課題 •

    Do more 課題:奇跡の一日の中で今でもできていることを意識的に行う 例:週3日は朝ごはん、目玉焼きにしてみてください • プリテンド(装い)課題 特定の日を決めて、あたかも奇跡が起こって問題が解決したかのように振舞う • 奇跡の一日の話をしてみて、何かやってみたいと思ったことはありますか? • 前日の夜に翌日◦◦ができるかどうか予想してください。的中率を教えてください とりあえず何かやってみることが大事 基本的には、早急に成果を求めるものではない(成果があってもいい) 変化はすでに起きているので、ミラクルの気分を維持させるだけで良い
  14. 14 Practical Psychology Institute, LLC ® 2021 [email protected] 演習:ミラクルを使ってみる •

    3人組か2人組:カウンセラー役、クライアント役、観察者 「10分面接、5分振り返り」×3セット ※2人組の場合は適宜調整 全体の振り返り15分 ※クライアント役はできれば実際の困りごとについて話す • カウンセラー役 スターティングクエスチョン:面接の中で、どんなことが起こったら、あるいは、知れたら、 今日相談に来たかいがあったと思えそうですか? ミラクルクエスチョン:いつ気づく?他の人は?寝るときは?どうでした?例外は? 課題設定
  15. 15 Practical Psychology Institute, LLC ® 2021 [email protected] 振り返り(1) •

    一問一答ではない クライアントの返答に対して、聞き返し • ミラクルの最中 重要なポイントはどこから気づくか(自分と他者)、それ以外は補足 どこから気づくかは特に細かく聞く • 例外とミラクルのつながりを強調 朝早く起きるのは大事ですね!それができればプレゼンもうまくいくかも!意識的に 続けてみてください • カウンセラーのミラクル慣れが重要
  16. 16 Practical Psychology Institute, LLC ® 2021 [email protected] 振り返り(2) •

    「奇跡が起きます…」は、ゆっくり話す。文の間に一呼吸 録音して聞いてみてもいいかも • ミラクルの実現が必ずしも主訴でないこともある ミラクルやってみたら、今のままでいいのかもと葛藤が生まれた 意外と起こりそうだなと楽観的 • 朝に戻る→「戻る」という表現は、混乱させるかも 奇跡に気づく前のその日の朝はどんなふうに過ごしますか? なぜ効くか:普段と同じという情報を得る。実はここで気づくかも
  17. 17 Practical Psychology Institute, LLC ® 2021 [email protected] 振り返り(3) •

    「奇跡が起きます…」は、ゆっくり話す。文の間に一呼吸 録音して聞いてみてもいいかも • ミラクルの実現が必ずしも主訴でないこともある ミラクルやってみたら、今のままでいいのかもと葛藤が生まれた 意外と起こりそうだなと楽観的 • 朝に戻る→「戻る」という表現は、混乱させるかも 奇跡に気づく前のその日の朝はどんなふうに過ごしますか? なぜ効くか:普段と同じという情報を得る。実はここで気づくかも
  18. 18 Practical Psychology Institute, LLC ® 2021 [email protected] まとめ •

    ミラクルクエスチョンはいつ入れてもいいが(困ったらミラクル)、第2セッションが無難 • ミラクルの目的は、クライアントの認識としての「現実」を変えること • ミラクルの世界に飛ばすという催眠的な要素は多分にある • ミラクルから戻った後に、現実との接点を模索する点も重要 • 「ミラクルを起こす」のではなく「すでにミラクルに向かっている」というカウンセラーの マインドセットが重要 • 課題はミラクルの影響を実生活に流し込むための ある種「おまけ」。遂行することに大きな意味があるわけではない
  19. お疲れさまでした!次回もお楽しみに!